国税庁HP記載の仮想通貨の計算書(EXCEL)記載方法3 所得まで解説

交換所で売買するだけでなく、仮想通貨は、キャッシュの代わりに

物品の購入にも使えます。

その場合、使った時に売買があったとされるので、ここで計算します。

平成30年中に●●電気で買い物をして、ビットコイン1単位で支払った

という事案なので、「仮想通貨計算書」の「3 上記以外の取引に関する事項」に

「売却等」として記載します。

以上で、仮想通貨交換所が作成する「年間取引報告書」がある取引と

その他の取引の両方を記載することができました。

こうして売却金額を確定させた後、次に仮想通貨の売却原価を確定させます。

上の黒枠で囲われている(A)(B)には、今年1月1日時点において持っていた

仮想通貨の数量と金額を記載します。この例はビットコインの計算シートなので

1月1日に保有していたビットコインの数量と金額を記載します。

1月1日に持っていなければ、ゼロですね。

(c)(d)は購入の合計額が転記されます。この例ではブルーの枠が転記されています。

(F)(G)は売却原価です。売却数量が2.0なので、

(3,000,000円÷5単位)×2単位=1,200,000円

となります。

この部分は自動計算なので、入力の必要はありません。

(H)(I)は原価として繰り越される部分で、翌期の計算式の(A)(B)となります。

以上の売買と、仮想通貨の証拠金取引の差益が50万円ある場合、

仮想通貨の所得は次のようになります。

仮想通貨取引所での売却金額100万円、その他の取引の売却金額100万円

合計売却金額200万円

仮想通貨の証拠金取引の利益50万円

売却原価120万円(4.で計算した金額)

手数料(証拠金取引の手数料等)1万円

200万円+50万円-(120万円+1万円)=129万円

仮想通貨の計算書によって、所得の計算ができました。

※ 仮想通貨に関する税金のことや本件ブログの記事について
 疑問点、不明点など ご質問受け付けています。

お問合せフォームからご質問ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする