非居住者になってできる節税、できない節税

仮想通貨で儲かりすぎたあなたのための「非居住者になってできる節税、できない節税」

PDF作成しました。

2018年5月27日日刊工業新聞電子版によると

2017年分の確定申告で雑所得の収入が1億円超あったとした納税者のうち、仮想通貨の売買で収入を得ていた人が少なくとも331人に上ることが25日、国税庁のまとめで分かった。

とのこと。

この331人は、2017年に仮想通貨を売却して利益を確定させた人ですが

仮想通貨のままで持っている人も、まだまだ多いはずです。

そんな「隠れ億り人」たちが仮想通貨を換金せずに持っている多くの理由は、円などへの換金による税負担が大きすぎるから。

仮想通貨の所得は、雑所得になり最高55%の課税が生じます。

つまり、

日本の納税義務者、日本の居住者の仮想通貨の所得には最高税率55%もの課税が生じるのです。

税負担を回避するために、仮想通貨を動かさないでいる「隠れ億り人」たちは

税法が変わるまで仮想通貨のままで持ち続けるつもりなのでしょうか?

非居住者になるスキームも考えみてはいかがですか?

あなたがサラリーマンで、会社の辞令が出て183日以上海外勤務が決まった場合、

非居住者になって節税を実行するチャンスかもしれません。

あなたが、海外に1年以上滞在し 1年以上戻ってこないかもしれない場合

非居住者となるのでしょうか?

非居住者になることにはメリットも、ディメリットもあります。

そこで、「非居住者になってできる節税、できない節税」を知って

非居住者となるスキームを判断しましょう。

気候も温暖で、食事もおいしくて、

インフラも充実していて、ご近所の人もフレンドリーで

滞在費もリーズナブルで、仕事もできる

そんな場所があなたを待っているかもしれません。

非居住者になるスキームにはこのPDFが役に立ちます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする